「夜勤の巡視は命がけです」/「日々勉強です」  

 ソーシャルいずみ 介護員
「夜勤の巡視は命がけです」 梅津里美さん
「日々勉強です」      庄司大輔くん
6月30日酒田市東泉町の「ソーシャルいずみ」に職場訪問をしました。
一年前から行きたかったのですがやっと実行。
ここには梅津里美さん(H28年 食育調理科卒)が一年前から勤務しています。
今年4月から庄司大輔くん(H29年 普通科卒)も入社。
ホールに入るとたくさんの高齢者が「こんにちは~」と笑って挨拶してくれました。この方たちのお世話をしているんですね。
二人一緒にお話を聞くことができました。
Q:梅津さん、一年と3か月になりますね。お仕事はどうですか?
A:利用者さんができないことをサポートしています。
足が不自由な方もいますし、命を預かっているので、命がけです。特に夜勤の巡視は大切です。
Q:今まで特に大変だったことは?
A:去年8月に看取りを初めて経験しました。頭が真っ白になって。今まで
2回ありましたが、つらいです。
Q:では庄司君に聞きます。働いてどうですか?
A:大変です。全然わからないことばかりで。でも少しずつわかるようになってくるのがうれしいです!山形での新任者研修はとても勉強になりました。日々勉強です。
Q:頼もしいですね。庄司君も、夜勤をしているんですか。
A:はい。お風呂の介助で服を着せるとき、早くしなければならないのであせってしまいます。
Q:顔がずいぶん大人っぽくなりましたね。それにやせましたね。
A:(笑)
Q:休日は二人はどうすごしていますか
二人A:疲れをとるために寝ることが多いです。(笑)
梅津A:家の食事をつくったりもします。
*{総務の高橋さんの話では「二人ともとてもがんばっています」とのお話でしたが、実際に見るまではわかりませんでした。二人とも本当に頑張っていました。体に気をつけてその笑顔でみんなを支えてください。}