板前修業  「求人票に惹かれて静岡まで」

板前修業
「求人票に惹かれて静岡まで」
㈲魚民 池田拓真くん


池田拓真くん(H29年卒 食育調理科卒)は、日本料理㈲魚民(静岡県富士市吉原)に入社。富士山の見える富士市に拓真くんを6月2日の夜、佐々木が訪ねました。この夜、拓真くんがカウンターに立ち(普段は立てない)、おしゃべりしながら美味しい日本料理をごちそうになりました。

Q:どんな仕事をしていますか?
A:下ごしらえ、皿洗いなど。出前もします。食材を大量に扱うとき、高校でのフェアや集団調理の勉強がとても役にたちました。
Q:働いてみてどうですか?
A:求人票の内容と同じです。覚えることがたくさんでホームシックにはなりません。まだ大きな失敗もしていないし、おこられてもいません。
1才上の先輩が3人いますが同期はいません。ぼく一人です。
Q:寮はどうですか?
A:寮は店の上で、通勤1分。朝9時からで遅いときは10時になります。
Q:休みの日はどうしてる?
A:沼津に映画を見に遊びに行ったりします。
Q:だれと?
A:一人です。
Q:どうしてこんなに遠くまで来たんですか?
A:求人票を見て惹かれるものがあったんです。
(社長の森田克彦氏の話)
去年、全国の調理科のある高校に求人を出したが、山形からの応募に驚いた。実際職場見学に来てくれて、応募してくれた。それで本人はもうどんな人物かわかっていたので、今度はどんなところから来てくれたのか知るために自分が酒田へ行った。酒田をぐるりと回ってきてよくわかった。
*{縁があったのでしょう。代々修行を積んだ5代目社長・優しい女将・スタッフのもと、拓真君はもくもくと頑張っていました。}