㈱三宗SANKOUEN CHINAで  「やることがいっぱい!」

佐藤安里紗さん

佐藤安里紗さん(H29年卒 普通科)は、㈱三宗(東京神保町)に入社。本格中国料理店SANKOUEN CHAINA店に配属されました。研修中の安里紗さんを佐々木(進路指導主事)が6月1日訪ねました。

Q:顔がいきいきしてますね!
A:コンタクトレンズに変えたんです。GWに帰省したときも親に「変わった」「楽しそうだ」と言われました!
Q:東京での寮生活はどうですか?
A:充実しています。三階の大きな一人部屋です。ホームシックにはなりかけたけどなっていません。全部一人でやらなきゃならないのでやることがいっぱい。特に金銭管理は大変ですが、ほしいものが買えます。ただ高校生の時欲しかったものが不思議に欲しなくなりました。
Q:仕事はどうですか?
A:同期の5人の女の子と仲がいいです。
一人秋田出身の男子の同期もいます。遅番は午後3時から朝3時までです。
仕事では覚えることがたくさん。
今新人研修中で、様々なお店に一週間ずつ行っています。配属はここSANKOUEN CHAINA店で、大好きです。人間関係もとってもいいです。マネージャーの神長さんもスタッフも皆優しすぎて。
Q:仕事をしていて、うれしかったことは?
A:出身地と名前を書いたネームプレートを胸につけてるのでお客さんから「山形出身なんだ!知ってるよ」「がんばってね!」と言われるとうれしい。
すごく忙しいときビールをテーブルで全部落としたり、皿を割ってしまったことが二日続いたときはさすがに「なんでここにいるんだろう」って階段で泣いてしまったこともあった。でも泣くだけ泣いて気合を入れて仕事に戻ります。
先輩に励まされながら、ミスを引きずらず、切り替えを早くして頑張っています!
*{安里紗さんのいきいきした姿を見られてよかったです!!これからも頑張ってください!!}